もし現在勤め先の会社など収入がある方なら銀行口座を経由して収入を得ているかと思います。今頃現金をそのまま手渡しで受け取る事はほとんどないのではないでしょうか。反対に銀行口座を利用していない人の方がきっと少なく当たり前のように利用されていますね。 そんな当たり前の口座がふと使えなくなってしまったらどうなるでしょうか。今月の生活費、もしくは明日からの生活費は!予定していたお金が使えない!なんて事も起こり得ますよね。 ここではそんな口座凍結について解説しています。

対象は個人再生や自己破産

任意整理では整理先を選べる為、対象先として除外する事も可能ですが個人再生や自己破産では債務に関して全てが対象となってしまい選ぶ事は出来ません。 結論として任意整理も整理先として選んでしまえば口座凍結はされますが、特に注意をしなければいけないのは個人再生や自己破産という事になります。

凍結期間は一定期間

銀行口座もずっと凍結されるわけではなく、ある一定期間が基本で条件を満たせばすぐに利用する事が出来ます。凍結される理由としては上記でも紹介している通りであなたの銀行口座から返済にあてる為です。 それでも返済が不可能な場合は債権先の保証会社が支払う事になるので解除の条件としては、保証会社が完済をしてからになると考えられます。 これらの保証会社が返済する事を債務用語で代位弁済と言います。

債務整理先の会社が口座先と同じなら凍結される

最近は銀行のカードローンが広く利用されているから普段から利用している銀行口座と同じ銀行から出されたカードローンを整理しようとした場合には返済を優先されるので口座凍結されてしまいます。 凍結されるタイミングとしては弁護士や司法書士が債務整理をします!と銀行や消費者金融に対して受任通知を送って向こう側が通知を受け取った時です。 銀行口座の凍結については弁護士や司法書士の人が教えてくれるはずなので問題はありませんが、預金がある場合なら相殺されてしまうので、そんな事があるぐらいは知っておくと良いでしょう。

別口座に移すか引き出しておくこと

整理先の会社と銀行が同じような場合には相殺にあてられて凍結する事があるので予め引き出しておくか、もしくは別の整理先とは関係のない銀行口座に移しておきたいですね。 特に給与など収入が入ってくる先の口座が使えなくなってしまっては生活が出来なくなってくると思いますし、光熱費の支払いや携帯電話料金の引き落としなどもある場合は特に対策は必須と言えます。